Follow my blog with Bloglovin +b blog:待望のシェイクスピア喜劇☀翻案シリーズ第3弾☆兵庫県立ピッコロ劇団第58回公演「西海渡花香(にしのうみわたるはなのか)」2017.5.26~6.4@兵庫県立ピッコロシアター大ホール

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

待望のシェイクスピア喜劇☀翻案シリーズ第3弾☆兵庫県立ピッコロ劇団第58回公演「西海渡花香(にしのうみわたるはなのか)」2017.5.26~6.4@兵庫県立ピッコロシアター大ホール

「間違いの喜劇~現夢也双子戯劇」
(第68回文化庁芸術祭賞優秀賞受賞)

blog198.jpg

※過去記事
 +b staffと行くのです☆
 兵庫県立ピッコロ劇団第47回公演
 「間違いの喜劇 ~現夢也双子戯劇(うつつはゆめふたごのたわむれ) ~」
 http://plusbtsukaguchi.blog46.fc2.com/blog-entry-1594.html

「東男迷都路」


blog1253.jpg

※過去記事
 +b staffとゆく!2015.6.5~14 
 兵庫県立ピッコロ劇団第52回公演「東男迷都路」
 http://plusbtsukaguchi.blog46.fc2.com/blog-entry-3724.html

      に続く!

       翻案★シェイクスピア研究者☆喜志哲雄★
                &
         演出☆孫 高宏(ピッコロ劇団)★

           ジパング☆ニッポン揺るがす!

             黄金コンビみたび!!

          大好評!
            シェイクスピア喜劇 翻案シリーズ第3弾!!

ピッコロシアター・兵庫県立ピッコロ劇団



ウィリアム・シェイクスピア『恋の骨折り損』より
翻案=喜志哲雄 演出=孫 高宏(ピッコロ劇団)

ユーモラスな登場人物たちが
恋に躍って恋に悩み、恋の駆け引きを繰り広げる
日本版『恋の骨折り損』!

兵庫県立ピッコロ劇団第58回公演

西海渡花香 (にしのうみわたるはなのか)」

blog2230.jpg


【あらすじ】
ふたつの国が対立している――戦争になるかもしれない。
ところが一方の国の王と一方の国の王女が恋に落ちた!
はたして恋愛は戦争を防ぐことができるのか!?

【翻案:喜志哲雄(きし・てつお)】
1935年 兵庫県生まれ。京都大学大学院修了。京都大学名誉教授。英米演劇専攻。
主な著書に『劇場のシェイクスピア』、『英米演劇入門』、Shakespeare in Japan(共著)、『喜劇の手法 笑いのしくみを探る』、『ミュージカルが《最高》であった頃』、『シェイクスピアのたくらみ』、『劇作家ハロルド・ピンター』など。
2009年、『シェイクスピアのたくらみ』で国際演劇評論家協会演劇評論賞、同年、兵庫県文化賞を受ける。2014年、第33回京都府文化賞 特別功労賞受賞

【演出:孫 高宏(そん・たかひろ)】
1969年、大阪府生まれ。兵庫県立ピッコロ劇団俳優。
大阪芸術大学舞台芸術学科卒業後、文学座附属演劇研究所を経て、1994年、兵庫県立ピッコロ劇団に入団。文芸演出部、俳優部を兼務し、ピッコロ劇団の多数の公演において中心的な役を演じ、関西演劇界においても高く評価される俳優の一人。
初演出は、平成14年度オフシアターVol.4『辰吉の湯』(作=福島栄一)。
平成17年度文化庁在外研修員特別派遣でロシア・ユーゴザーパド劇場にて研修。
平成18年度兵庫県芸術奨励賞受賞。
2013年、第15回関西現代演劇俳優賞男優賞受賞。
2013年10月ピッコロ劇団第47回公演『間違いの喜劇~現夢也双子戯劇~』演出(同作にて平成25年度(第68回)文化庁芸術祭賞<演劇部門>優秀賞受賞)。
これまでのシェイクスピア作品への出演は、兵庫県立ピッコロ劇団第19回公演「ハムレット」(演出=ワレリー・ベリャコーヴィチ)(2003) 、第27回公演「ハムレット」(演出=ワレリー・ベリャコーヴィチ)(2007)、第30回公演「十二夜」―祭りのあとは、ご勝手に―(演出=三輪えり花)(2008)、第51回公演「マクベス」(演出=ジェイスン・アーカリ)(2015)など。



出演:
岡田 力 / 亀井妙子 / 木全晶子 / 木村美憂 / 杏華 / 菅原ゆうき / 中川義文 / 野秋裕香 / 浜崎大介
原 竹志 / 平井久美子 / 風太郎 / 堀江勇気 / 三坂賢二郎 / 森 万紀 / 山田 裕/ 吉江麻樹 / 吉村祐樹
※事情により出演者・配役等が変更になる場合がございます。

Staff:
美術=加藤登美子  照明=皿袋誠路(㈱ピーエーシーウエスト)  音楽=橋本 剛  音響=Alain Nouveau  
衣裳=中村洋一(東京衣裳㈱)   振付=藤間藤尊  かつら=石川勝一(丸善)  
舞台監督=鈴木田竜二(ピッコロ劇団)  舞台監督助手=政香里沙(ピッコロ劇団)
演出助手=北村侑也(ピッコロ劇団)  制作助手=大段満里子
演出部=今仲ひろし、神田あゆむ  制作=山本由利子、新倉奈々子 

blog2229.jpg

主催等:
【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場 
【後援】兵庫県教育委員会、尼崎市教育委員会

詳細は

2017.6.10(土)入場無料
ピッコロシアター文化セミナー〈91〉
俳優・文学座代表 江守徹さんに聞く
「我が演劇人生、我が文学座」

兵庫県立ピッコロ劇団第60回公演
ピッコロシアタープロデュース企画第9弾
2018年2月、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
『マルーンの長いみち~小林一三物語~』
古川貴義=作、マキノノゾミ=演出
出演俳優募集!!

などなど

芸術文化立県ひょうご
阪神間モダン浪漫舞台恋心くすぐる♡
愉しい最新情報満載!!

兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/

blog919.jpg





鑑賞前、観笑後の愉しい語らいに
春のパステル笑顔で朗らかにご利用ください🌸

阪急塚口「Gallery Cafe-Bar +b/プラス・ベー」&
JR塚口兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 2階
「喫茶室ピッコロ」 facebook event page


~伝承熟練焙煎師が数種の炭を、その日その時の、
  生豆の性質、天候、気温、湿度で熟慮使い分け~

   "ミナト神戸で炭火焙煎にこだわり
  EST.1928(昭和3年) 阪神間モダン民に愛され創業89年"

萩原珈琲』直送 ピッコロオリジナルブレンド豆使用
   CHARCOAL FIRE-ROASTED COFFEE
  
春爛漫☀舞台心にツツジサク🌸
兵庫県立ピッコロ劇団第58回公演
「西海渡花香」公演&
萩原珈琲株式会社
サンテレビ『モノ知りSUNデー』登場
記念価格☆
 一杯 ¥300ー. 税込み

blog1531.jpg


速報!!

萩原珈琲株式会社さんがサンテレビさんの取材を受けられ
2017年5月21日夜8時~
サンテレビ『モノ知りSUNデー』にて
ポーアイ工場、日常業務の模様が大放映!予定!!


※2017年5月21日(日)11:00~17:00
今年で47回目となる神戸最大の市民参加型イベント
「神戸まつり2017」をサンテレビさんワイドにHOTに6時間生中継!

モノ知りSUNデー番宣(30秒)
サンテレビ

Published on 27 Mar 2017
よく目にするこんなモノ!昔懐かしいあんなモノ!
モノは、どこで、どのように作られているのか!?
モノづくりの真髄に触れる30分!

出演は
神戸学院大学・中野雅至教授
サンテレビ・榎木麻衣アナウンサー
そして、瀬川アニータちゃん!!

サンテレビの新番組「モノ知りSUNデー」
2017年4月9日(日) ひる12時スタート☀
http://sun-tv.co.jp/monoshiri


阪急塚口モダン浪漫Cafe +bプラスベー&
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター
喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」Facebook












blog1451.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事