Follow my blog with Bloglovin +b blog:Ritchie Blackmore's Rainbow 4concerts in Europe in June 2017/リッチー・ブラックモアズ・レインボー 2017年6月欧州4公演

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

Ritchie Blackmore's Rainbow 4concerts in Europe in June 2017/リッチー・ブラックモアズ・レインボー 2017年6月欧州4公演

Ritchie Blackmore Official Site


blog2037.jpg









blog919.jpg


Rainbow - All Night Long (Live At Monsters Of Rock Donington 1980)
RainbowVEVO

Published on Feb 12, 2016
"Rainbow - Monsters of Rock Donington 1980
Released April 22 2016
On Saturday 16th August 1980 Rainbow took to the stage to headline the first rock festival to be staged at Castle Donington. It was the culmination of the band’s tour in support of the hugely successful “Down To Earth” album, released in 1979, and would prove to be the last live show featuring this particular line-up of the band: Ritchie Blackmore (guitars), Don Airey (keyboards), Graham Bonnet (vocals), Roger Glover (bass) and Cozy Powell (drums). The set featured tracks from the new album alongside classics from earlier in their career. There are virtuoso solo spots for Blackmore, Airey and Powell which serve to highlight the sheer musical prowess in the band. The show climaxes with Ritchie Blackmore destroying his guitar and thrusting it into an amp which promptly bursts into flames before fireworks burst overhead at the conclusion of an explosive show. "


Ritchie Blackmore's Rainbow - Man On The Silver Mountain (Memories In Rock)
RainbowVEVO

Published on Nov 17, 2016
Ritchie Blackmore's Rainbow - Memories In Rock, released on November 18th 2016. June 2016 saw the much anticipated return of guitar legend Richie Blackmore to his rock roots with three shows in Europe. The first two shows in Loreley and Bietigheim Germany were captured on camera and the result is Ritchie Blackmore’s Rainbow - Monsters in Rock.
Showcasing tracks from his Deep Purple and Rainbow catalogue Ritchie reinvents classics like Highway Star, Man on the Silver Mountain, Mistreated, Spotlight Kid, Black Night and Stargazer, closing the show with the timeless Smoke on The Water.


リッチー・ブラックモアズ・レインボー
『メモリーズ・イン・ロック ライヴ・アット・
       モンスターズ・オブ・ロック2016』
【初回限定盤Blu-ray+2枚組CD
(日本盤限定ボーナストラック/日本語字幕付き/
             日本語解説書封入)】
リッチー・ブラックモアズ・レインボー (出演),
リッチー・ブラックモア (出演) 形式: CD



商品の説明
内容紹介
夢が現実に! リッチー・ブラックモア、19年ぶりにハード・ロック回帰!! レインボーとディープ・パープルの名曲満載の2016年版レインボー“奇跡のライヴ"が早くも映像・音源化! 6月17日・18日にドイツで行なわれた2公演のベスト・テイクからなるライヴ作品! 本編には収録されなかったボーナス映像4曲、日本盤のみさらに2曲追加収録!

遂に、夢が現実となった。1997年にドゥギー・ホワイトを擁するRAINBOWを解散させて以来、歌姫キャンディス・ナイトとの中世音楽プロジェクトBLACKMORE'S NIGHTに専念していたリッチー・ブラックモアが、RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW名義で3公演を行なったのである。なんと19年ぶりの“ハード・ロック回帰"だ。

ブラックモアが「2016年6月にロック・バンドとしてDEEP PURPLEとRAINBOWの曲をプレイする計画がある」と初めて公式に語ったのは2015年夏のこと。フランスの新聞取材を受けた彼は、ジョー・リン・ターナーが「自分を含むラインナップでRAINBOWが再結成する」と発言していることについて訊かれ、「ジョーの話には真実も含まれているが混乱している部分もある」と前置きしたうえで「来年の6月に数回、ロックのライヴをやる」と明言したのだ。それまで幾度となく再結成の噂は囁かれていたが、常にブラックモア本人が否定してきた。だが今度ばかりは違った。彼は「関節炎が酷くなってギターが弾けなくなる前に、DEEP PURPLEやRAINBOWの曲をやるロックン・ロールのフルセットを、ファンのためにやるべきだと思った」と断言したのである。

ここで重要なのは、彼の「ロックン・ロールのショウをやる」という発想は、決して“再結成"とイコールではない、ということ。実のところ、水面下では色々な思惑が渦巻いていたようだが、結局ブラックモアはまったく新しいラインナップ…ロニー・ロメロ[vo]、イェンス・ヨハンソン[key]、ボブ・ヌーヴォー[b]、デイヴィッド・キース[ds]という顔ぶれで“2016年のRAINBOW"を結成した。

鍵を握っていたのはロニー・ロメロだ。チリ出身の34歳、スペインのLORDS OF BLACKというヘヴィ・メタル・バンドに在籍するロメロを、ブラックモアは「ロニー・ジェイムズ・ディオとフレディ・マーキュリーを合わせたようなシンガーだ」と大絶賛、「ロニー・ロメロを見つけた時に、昔のロックン・ロールをまた演奏するというアイディアが蘇り、実現に向かっていった」と明かした。つまりロニー・ロメロの声に惚れ込んだからこそ、ブラックモアはRAINBOWを復活させたのである。

2016年のRAINBOWは6月17日と18日にドイツで、6月25日に英国バーミンガムでプレイした。発売される映像作品はドイツ2公演からベスト・テイクを編集してコンサートの流れを再現した本編と、そこに収録されなかったボーナス映像6曲(うち2曲は日本盤のみ)。

演奏曲目はブラックモアが予告したとおり、DEEP PURPLEとRAINBOWの名曲オンパレード。“Highway Star"で始まり“Smoke On The Water"で終わるセットリストは寸分の隙も無い。

「おおっ! 」と思わせるのが“Stargazer"の存在。これはロニー・ロメロを得たからこその選曲だろう。ロメロの歌唱は、この名曲本来の魅力を引き出していて、最高にドラマティックだ。ディオ時代のRAINBOWのライヴのハイライトだった“Mistreated"がセットに復活しているのもロメロありきだろうし、“Man On The Silver Mountain"“Catch The Rainbow"“Long Live Rock'N'Roll"等における情熱的な歌唱も、ディオ以降のRAINBOW歴代シンガーの誰よりもディオに近い。一方で“Highway Star"他の第2期DEEP PURPLEのナンバーも、今のイアン・ギランにはない若々しいパワーで見事に歌い上げている。ブラックモアが言うとおり、このRAINBOWは「ロニー・ロメロという新たな才能を披露する場」でもあった。

だが、何はさておきブラックモアである。トーンといいフレージングといい、紛うことなき“あのリッチー・ブラックモア"そのものだ。“Highway Star"から“Spotlight Kid"という、速弾きの“決めのフレーズ"がある曲2連発のオープニングからして感涙モノ、全世界のファンが長年「再び観たい」と熱望していた「エレクトリック・ギターを自在に操るリッチー・ブラックモア」が、現実にそこにいる。しかも、いささかの衰えもなく…。まさに感無量、言うことなしである。伝説は蘇った。巨匠、健在なり! 【日本盤限定ボーナストラック/日本語字幕付き/日本語解説書封入】
(文●広瀬和生/BURRN!)

【メンバー】
リッチー・ブラックモア(ギター)
ロニー・ロメロ(ヴォーカル)
デヴィッド・キース(ドラムス)
ボブ・ヌーヴォー(ベース)
イェンス・ヨハンソン(キーボード)


【Blu-ray収録予定内容】
01. 威風堂々(オープニング)
02. 虹の彼方へ~ハイウェイ・スター (2016.06.17 ローレライ)
03. スポットライト・キッド (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
04. ミストゥリーテッド (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
05. 16世紀のグリーンスリーヴス (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
06. シンス・ユー・ビーン・ゴーン (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
07. 銀嶺の覇者 (2016.06.17 ローレライ)
08. 虹をつかもう (2016.06.17 ローレライ)
09. 治療不可 (交響曲第9番[ベートーベン]) (2016.06.17 ローレライ)
10. パーフェクト・ストレンジャーズ (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
11. スターゲイザー (2016.06.17 ローレライ)
12. ロング・リヴ・ロックン・ロール (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
13. チャイルド・イン・タイム (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
14. ブラック・ナイト (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
15. スモーク・オン・ザ・ウォーター (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
《ボーナス・ライヴ映像》
01. スポットライト・キッド (2016.06.17 ローレライ)
02. 銀嶺の覇者 (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
03. ロング・リヴ・ロックン・ロール (2016.06.17 ローレライ)
04. スターゲイザー (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)
《日本盤限定ボーナス・ライヴ映像》
05. シンス・ユー・ビーン・ゴーン (2016.06.17 ローレライ)
06. 虹をつかもう (2016.06.18 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン)

【Blu-ray仕様予定】
収録時間:ライヴ本編 約110分 ボーナス・ライヴ映像 約40分
画面サイズ:16:9
音声:リニアPCMステレオ/DTS-HDマスターオーディオ


【2枚組CD収録予定曲】
[DISC 1]
01. 虹の彼方へ~ハイウェイ・スター (2016.06.17)
02. スポットライト・キッド (2016.06.18)
03. ミストゥリーテッド (2016.06.18)
04. 16世紀のグリーンスリーヴス (2016.06.18)
05. シンス・ユー・ビーン・ゴーン (2016.06.18)
06. 銀嶺の覇者 (2016.06.17)
07. 虹をつかもう (2016.06.17)
08. 治療不可 (交響曲第9番[ベートーベン]) (2016.06.17)
09. パーフェクト・ストレンジャーズ (2016.06.18)
10. スターゲイザー (2016.06.17)

[DISC 2]
01. ロング・リヴ・ロックン・ロール (2016.06.18)
02. チャイルド・イン・タイム (2016.06.18)
03. ブラック・ナイト (2016.06.18)
04. スモーク・オン・ザ・ウォーター (2016.06.18)
05. スポットライト・キッド (2016.06.17)
06. 銀嶺の覇者 (2016.06.18)
07. ロング・リヴ・ロックン・ロール (2016.06.17)
08. スターゲイザー (2016.06.18)
《日本盤限定ボーナス・トラック》
09. シンス・ユー・ビーン・ゴーン (2016.06.17)
10. 虹をつかもう (2016.06.18)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ハードロックバンド、リッチー・ブラックモアズ・レインボーのライブBD。6月17日、18日にドイツで行われた2公演より、「虹の彼方へ~ハイウェイ・スター」「銀嶺の覇者」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」ほかを収録。CD2枚を封入。

内容(「Oricon」データベースより)
ブラックモアズ・ナイトに専念していたリッチー・ブラックモアが、リッチー・ブラックモアズ・レインボーとして19年ぶりにハード・ロックに回帰!レインボーとディープ・パープルの名曲満載の2016年版レインボー“奇跡のライヴ”が映像化。CDが付いた初回限定盤のBlu-ray。


blog1451.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事