Follow my blog with Bloglovin +b blog:『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』10/9新潟オクトーバフェスト2016プレイベント、京都・立誠シネマ11/5~

+b blog

阪神間モダン浪漫Company +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』10/9新潟オクトーバフェスト2016プレイベント、京都・立誠シネマ11/5~

『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』予告編
MRLETSGETLOST

Published on May 19, 2016
≪栄光≫にその情熱のすべてを掛けてマックィーンが挑んだ超大作『栄光のル・マン』
その壮絶な映画製作のすべて!執念、裏切り、雪辱。人生を変えた、真実の物語。
『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』
5月21日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開



スティーヴ・マックィーンその男とル・マン
Facebook







blog1774.jpg


2016年10月12日発売予定
スティーヴ・マックィーン その男とル・マン [Blu-ray]



商品の説明
内容紹介
2015年カンヌ映画祭・CANNES CLASSICS部門正式出品
2015年ドーヴィル映画祭・2015年ニュージーランド国際映画祭正式出品

“役者として、もしくは映画制作者として、ものごとをコントロールできる立場になったとき、
自分のプロジェクトは自分で推し進めなければならない。
最後まで必ず成し遂げることだ。
それはギヴアップしたり、何かひとつでもあきらめてはならないということだ。
そしてお前のための決断は誰もしてくれない。
そしてお前自身よりスマートな者は他にいないということだ。"
-スティーヴ・マックィーン

【解説】
アメリカ映画界最大のスター、スティーヴ・マックィーンがすべてを捧げ、
事実上[製作][脚本][監督][主演]の4役をこなして生涯の夢を実現させた空前の超大作カーレース映画『栄光のル・マン』(1971年)。
その伝説的な制作過程を丹念に描いたドキュメンタリー映画最新作が本作『スティーヴ・マックィーン/その男とル・マン』だ。
毎年6月、パリ南西約200キロの小都市ル・マンで開催、平均時速240キロ、
最高360キロの猛スピードで展開する世界最大のレース≪ル・マン24時間≫の壮絶な戦いを、
プライベートでもレースに参戦するなど熱狂的なクルマ好きだったマックィーンは
最もオーセンティックなレース映画を目指して、ほぼドキュメンタリーに近い描写を試みた。
しかし映画としてのドラマ要素が必須ととらえたジョン・スタージェス監督と対立、
スタージェスは降板し、途中からリー・H・カッツィンに監督が交代。
さらに大幅な予算超過と制作の遅れからマックィーンは製作会社であるシネマ・センター・フィルムズ社からプロデュース権をはく奪され、
自身の制作プロ<ソーラー・プロダクション>も解散するはめになるなど、そのキャリアに大きなダメージを与えた。
マックィーンが人生のすべてを賭けて完成にこぎつけた『栄光のル・マン』は、
90台ものパナビジョン・カメラを駆使したすさまじい迫力と臨場感、
スピードの極限に命を燃やす男たち、孤独な爆走の中に芽生える友情など、
最小限の台詞とともに華麗な男のロマンを描く感動作となったが、世界的に興行成績は惨敗に終わった。
しかし日本だけは1971年度の洋画配給収入第三位を記録する大ヒットとなり、
数年後にはリバイバル公開を行われ、『ゲッタウェイ』や『パピヨン』などとともにマックィーンの代表作の一つとして迎えられた。
本作は500箱に及ぶ新たに発見された撮影時の未使用映像、
マックィーンのボイス・レコーディング、
そして関係者のだれもが行方不明となって現存しないと思っていた、
オリジナルのラッシュ試写版の本編プリントが奇跡的に発掘され、
当時の関係者のインタビューとともに、
マックィーンの人生最大のチャレンジとなった超大作『栄光のル・マン』の顛末を振り返る。

内容(「Oricon」データベースより)
アメリカ映画界最大のスター、スティーヴ・マックィーンがすべてを捧げ、事実上、製作・脚本・監督・主演の4役をこなして生涯の夢を実現させたカーレース映画『栄光のル・マン』(1971年)。その伝説的な制作過程を丹念に描いたドキュメンタリー映画。



blog919.jpg
blog1451.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

プロフィール

+b

Author:+b
阪神間モダン浪漫Company +b プラス・ベー
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪神間モダン浪漫Company +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪神間モダン浪漫Company +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事