Follow my blog with Bloglovin +b blog:初日には作家・玉岡かおるさんも「生誕130年記念 藤田嗣治展―東と西を結ぶ絵画―」@兵庫県立美術館 on 2016/7/16-9/22◆24日には 「FOUJITA-フジタ-」映画上映"小栗康平監督”トークショーも

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

初日には作家・玉岡かおるさんも「生誕130年記念 藤田嗣治展―東と西を結ぶ絵画―」@兵庫県立美術館 on 2016/7/16-9/22◆24日には 「FOUJITA-フジタ-」映画上映"小栗康平監督”トークショーも

「生誕130年記念 藤田嗣治展―東と西を結ぶ絵画―」 
関連イベントとして
「おやこ解説会 教えて、フジタさん。」などなど、
お子様向け、親子で仲良く愉しめるイベントも数多く開催予定☆
2016夏休みは親子でアートな夏を大満喫

詳細は

7月のイベント一覧
http://www.artm.pref.hyogo.jp/news/press/pdf/press_y160602.pdf" target="_blank" title="http://www.artm.pref.hyogo.jp/news/press/pdf/press_y160602.pdf">http://www.artm.pref.hyogo.jp/news/press/pdf/press_y160602.pdf
8月のイベント一覧
http://www.artm.pref.hyogo.jp/news/press/pdf/press_y160707.pdf



兵庫県立美術館 Faxebook
【兵庫県立美術館、2016/7/22入館者1,000万人達成】



【作家・玉岡かおるさんが藤田嗣治展の初日に来訪】



2016年夏☀あなたもフジタになろう - フジタなりきりコーナーはじめました。



井戸敏三兵庫県知事はじめ、
主催者、協力者、来賓など300名以上出席
大盛況の開会式&内覧会



2016年7月24 日(日)
KEN-Vi名画サロン特別上映会・監督トークショー 「FOUJITA-フジタ-」
監督:小栗康平  出演:オダギリジョー、中谷美紀 ほか
※12:50 から小栗康平監督のトークショー(1 回目、2 回目どちらかの映画入場券が必要)
ミュージアムホール
10:30~
14:10~
料金:大人(一般・シニア)1,300円
    芸術の館友の会会員  500円
     (定員:250 名)

主催:兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会、
    NPO神戸100年映画祭、兵庫県映画センター



エコール・ド・パリで活躍した
日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた映画

2015/11/14公開:映画『FOUJITA』予告編
映画 KADOKAWA

Published on Jun 25, 2015
11/14公開。映画『FOUJITA』予告編。名匠 小栗康平監督。オダギリジョー主演。二つの国、そして戦争という時代に生き、画家を全うしたフジタ。その知られざる世界を静謐な映像美で描く。
http://www.foujita.info/

Cast:オダギリ・ジョー、中谷美紀、アナ・ジラルド、アンジェル・ユモー、
     マリー・クレメール、加瀬亮、りりィ、岸部一徳



blog1451.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事