Follow my blog with Bloglovin +b blog:【世界のアニメーションシアター WAT 2016:トーク】6/11 『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』坂本一也監督、6/12ユー・スギョンさん(京都国際マンガ研究センター研究員)@京都・立誠シネマプロジェクト

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

【世界のアニメーションシアター WAT 2016:トーク】6/11 『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』坂本一也監督、6/12ユー・スギョンさん(京都国際マンガ研究センター研究員)@京都・立誠シネマプロジェクト


立誠シネマプロジェクト twitter








6/26(日)は坂本監督トーク&サイン会も!




彼女と彼女の猫 -Everything Flows- Blu-ray&DVD PV
彼女と彼女の猫 -Everything Flows-


OFFICIAL WEBSITE
http://www.kanoneko.com/






商品の説明
【Amazon.co.jp限定】
「オリジナル複製原画ポストカード」付

不完全な世界で交わした、彼女と僕の優しい約束
アニメーション監督・新海誠の原点が新たな姿でよみがえる。

<イントロダクション>
2016年8月に劇場最新作『君の名は。』の公開を控え、いまやポスト宮崎駿・ポスト細田守とも称される、アニメーション監督・新海誠。
そんな新海の原点とも言える珠玉の作品「彼女と彼女の猫」(2000年)が新たな制作陣の手によって、
2016年3月TVアニメーション「彼女と彼女の猫 - Everything Flows -」として再び物語を紡ぎ出される。

<ストーリー>
ある夏の一番暑い日、彼女と、彼女の飼い猫である“僕"の暮らしが始まった。
彼女は、通っている短大の卒業を控え、就職活動に追われる毎日を送っている。いつも頑張っている彼女にとって、
“僕"と過ごす時間は、互いにひと時の安らぎを感じられる、とても大切なものだった。
しかし、家族のことや、友達のこと、将来のこと…いろいろなことがうまくいかず、彼女は次第に傷つき、立ち止まってしまいそうになる。
それでも彼女は、背筋を伸ばし、今日も扉を開けて外の世界へと踏み出していく。
そんな大好きな彼女のことを、“僕"はいつまでも見守っていたいと思っていた。

<商品内容>
【仕様】
カラー/1層(BD25G)/本編尺:28分/16:9ワイドスクリーン/2016年/1枚組/日本語リニアPCM2.0chステレオ/字幕:日本語・英語・中国語/特製スリーブケース(BDのみ)

【本編構成】
1[完全版オープニング映像]OP主題歌:「硝子の瞳」美優(花澤香菜)
2本編映像「彼女と彼女の猫 - Everything Flows -」完全版(TV放送版 第1話~第4話に新規カットを加え一本化した編集版)

【封入特典】
特製ブックレット(20ページ) クリエイターインタビューや設定資料などを掲載予定
【映像特典】
・「彼女と彼女の猫 - Everything Flows -」TV放送版 第1話~第4話 (計32分)
・PV集
・絵コンテギャラリー(静止画)

<クレジット>
【キャスト】
美優:花澤香菜(「PSYCHO-PASS サイコパス」・「化物語」)
ダル:浅沼晋太郎(「東京喰種トーキョーグール」・「ダイヤのA」)
知歌:矢作紗友里(「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」)
美優の母:平松晶子(「のんのんびより りぴーと」)
チョビ:新海誠

【スタッフ】
監督:坂本一也
シリーズ構成・脚本:永川成基
原作:新海誠
キャラクターデザイン・総作画監督:海島千本
アニメーション制作:ライデンフィルム京都スタジオ

発売元・販売元:東宝
©Makoto Shinkai/CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会


banner01.jpg

blog919.jpg
blog1451.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事