Follow my blog with Bloglovin +b blog:2014/2/8(土)「ふるさと怪談トークライブin神戸」怪談作家 宇津呂先生ご出演at御影公会堂

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

2014/2/8(土)「ふるさと怪談トークライブin神戸」怪談作家 宇津呂先生ご出演at御影公会堂

2014/1/25(sat)19:00~

尼崎阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分

国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能カフヱー

PADIスクーバダイビングスクール++bプラスベー劇団

"+b"プラスベー にて

立ち観のお客様も!の中!好評開催☆

+b MIOサロンVol 2 THE冬の怪談 怪談作家 宇津呂 鹿太郎氏




宇津呂先生があの!御影公会堂にて☆新たに贈ります!!
blog511.jpg

2014/2/8(土)「ふるさと怪談トークライブin神戸」怪談作家 宇津呂 鹿太郎氏登壇!



「ふるさと怪談トークライブ」は2011年5月から全国で開催されている、東日本大震災被災地復興支援を目的としたチャリティー怪談イベントです。

出演者、スタッフはみなボランティアとして参加、入場料等で得られた金銭は、必要経費等を一切引かず、その全額を被災地支援のための義援金として寄付されます。

今回も、兵庫県に縁のある方を中心に、多くの作家さんに出演していただき、文芸運動「ふるさと怪談」の活動を報告するとともに、出演者らが集めた現代の怪談実話を語っていきます。


今回の会場となる神戸市立御影公会堂は、戦火と震災をくぐり抜けた歴史ある建物です。
特に阪神淡路大震災の際は、約1年間にわたり被災者を受け入れ、その数は最大時で約400人にも上ったといいます。
また、映画「火垂るの墓」では、焼け野原となった街の中にぽつんと建つその姿が描写されており、歴史の深さを感じさせられます。


多くの方のご協力を得て、神戸の地で再び「ふるさと怪談トークライブ」を開催できることは大きな喜びです。

皆さんもぜひ足をお運びください。


★「ふるさと怪談トークライブin神戸」

【日時】
2014年2月8日(土)
開場 17:00
開演 17:30
 

【場所】
神戸市立御影公会堂 和室
神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
(阪神本線石屋川駅から徒歩3分)


【出演者】(敬称略・順不同)
大江篤(園田女子大学教授)
織江邑(作家)
貝田和(怪談作家)
剣先あおり(作家)
花房観音(作家)
ひびきはじめ(怪談作家)
東雅夫(アンソロジスト、文芸評論家、『幽』編集長)
宇津呂鹿太郎(怪談作家)


【入場料】
2,500円
(全額「東日本大震災こども未来基金」に寄付します)


【予約・問い合わせ】
メール shikataroutsuro@gmail.com
※予約の際は件名を「ふるさと怪談トークライブ予約」とし、本文に氏名、読み仮名、参加人数を明記してください。

【協賛】
(株)学研パブリッシング
(株)角川学芸出版
(株)東京創元社
(株)筑摩書房
(株)平凡社
(株)ポプラ社
(株)メディアファクトリー


「ふるさと怪談トークライブ」公式WEBサイト
http://hurusatokwaidan.web.fc2.com/


bplatemiddle.jpg
関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

アースアワー

+bプラスベーは
EARTH HOURに協賛しています。

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事