Follow my blog with Bloglovin +b blog:2013/11/2(土)伊丹でBOROさんAYAKA基金20周年チャリティートークライブ

+b blog

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +b & 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター喫茶室ピッコロのブログです。

Entries

2013/11/2(土)伊丹でBOROさんAYAKA基金20周年チャリティートークライブ

~BOROさんからのメッセージ~

シンガーソングライターBOROは、1991年、筋ジストロフィーの少女・綾佳ちゃんと出会い交流を深める中で、1993年に筋ジストロフィー患者を支援する「AYAKA基金」を設立しました。

募金活動や署名運動を通し、筋ジストロフィーに対する理解や原因究明の更なる推進を求めて、

1997年には小泉厚生大臣(当時)、2000年には津島厚生労働大臣、坂口厚生労働大臣には2001年、2002年、2003年の三度、2004年には尾辻厚生労働大臣、2006年には柳沢厚生労働大臣、2007年と2009年には舛添厚生労働大臣に直接会い、募金を届け、国の積極的な取り組みを訴えてきました(通算9回)。

本年はAYAKA基金設立⒛周年の節目の年。

彩佳ちゃんと出会った原点の地・伊丹で、BOROが筋ジスの方々や障害を持った方々から学んだエピソードや歌をまじえて、BOROの熱い思いを込めた“トーク&ライブ”を行わせて頂きます。

blog245.jpg
日  時   2013年11月2日(土)

場  所   伊丹商工プラザ 6F マルチメディアホール

       (伊丹市宮の前2-2-2)

開  場   13:30  開演14:00

入 場 料   無料    

※AYAKA基金に募金のご協力をおねがいします

主 催   AYAKA基金20周年イベント実行委員会

後 援   伊丹市    伊丹市社会福祉協議会


BORO Onpu Club
http://www.8onpu.com/




"+B"へのお客様からのお問い合わせには

「人が一杯で大丈夫?当日入れるんですか?」

という声も多く戴き

関西の大御所☆シンガーソングライターとしての

我らのアニキ!BOROさんの

アツき人気に深く感服でございます☆

※こちらもご参照下さいませ。
~+b blog或りし日の過去記事~
☆BORO Live at +bご来場ありがとうございました☆
http://plusbtsukaguchi.blog46.fc2.com/blog-entry-1330.html

今回のアツき伊丹会場夢舞台となります

JR伊丹駅、阪急伊丹駅から徒歩8分

お隣は伊丹アイフォニックホールさま♪



伊丹市宮ノ前2丁目2番2号

1階は、市民に幸せ贈る放送局

「ハッピーステーション」

79.4MHz「ハッピーエフエムいたみ」さま♪



伊丹商工プラザ

6階 マルチメディアホール

と申しますと

約280人収容でございますので

おそらくは、あくまで、おそらくはでございますが(^^ゞ

混雑は必至ながら必ずや!和やかなひと時となるやと思われます。

+bからは現在、十数名のお客様が参加予定ということで

BOROさん及び関係者のみなさま及び

まだ見ぬFacebookつながりの方々共々

お逢い出来ますことを心より愉しみにしております。




関連記事
チェック
おとな旅・神戸

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Link

アースアワー

+bプラスベーは
EARTH HOURに協賛しています。

プロフィール

+b

Author:+b
兵庫県尼崎市阪急塚口駅北改札口下車北へ徒歩3分
国境なき大自然敬愛舞台芸術文化音楽SPORTS伝統古典芸能
COOL☀JAPANサブカルWonder Landおもちゃ箱カフヱー"+b"
&
PADI SCUBA DIVING SCHOOL&+b劇団
&
Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture
兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター「喫茶室ピッコロ」



ようこそ!

いらっしゃいませ♪

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Maman 「もりた てるみ」 Facebook

塚口プラスベー&喫茶室ピッコロ Twitter

阪急塚口阪神間モダン浪漫Café +bプラスベー/兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター喫茶室ピッコロ Facebook Event


リンクはどうぞご自由に

仕事のご依頼、メッセージ

お問い合わせ、コメント等は

どうぞお気軽に。

office yan-b Facebook
officeyanーb/+b 山部弘文 Twitter

最新記事